40歳50歳のおしゃれなピアスデビュー

40歳50歳のおしゃれなピアス ダイヤモンドピアス

アクセサリー関連のブログや相談サイトなどはよく見ていますが今までイアリングだったけど思い切ってピアスホールを開けました、という40代、50代の奥様も多いですね。

親からもらった大事な体を傷つけるのに抵抗があって。なんだか怖くて・・というのが多いようです、昭和のなごりでしょうか。平成生まれは高校生でも開けてます、全員じゃないですけど。

イアリングとピアスでは圧倒的にピアスが種類もデザインも豊富です。
ピアスホール開けてないので気に入ったピアスが着けられないというご経験が何度かあって、やっと思い切ったけど思ったより簡単だった、というご感想が多いです。ジクジクするのがなくなるまで1~2か月、ここが我慢の期間。

ピアスホール開通の40代50代のあなたに


ダイヤモンドピアスは普段使いにはご予算が合わないこともありますが、カラーストーンやデザインピアスは買いやすい価格帯ですから予算内でストーンの色、フック、チェーン、フープなどデザイン違いでいくつも買えますよ。

バッグや靴、お洋服なんかは場所を取りますが、ピアスなら小さな引き出し一つあればいいです。パパさんに内緒で増やせます。

一つご記憶ください。ネックレスやリング、イアリングは上皮と金属の接触であまりアレルギー反応は起こらないのですが、ピアスは薄い皮膚で内部組織と金属が触れ合うことになり、金属イオンが内部組織に影響することがあります。いわゆる金属アレルギーです。

ピアスホール開けるときお医者さんで開けたなら金属アレルギーの相談にのってくれますが、自分で開けたりしたら金属アレルギーがどうなのかわかりませんね。

多くの場合K18、プラチナはあまりアレルギー反応は出ないようですが100%ではありません。K14、K10やSIL925は金属アレルギーの反応が出やすくなります。使用中にかゆみや湿疹が出たら使うのはおやめください。

それに、今までイアリングで最近ホールを開けた方によくあるのが、ピアスをしてることを忘れてセーターやTシャツ 、カットソーなどの服を脱ぐこと。引っかかるとそこそこ(かなり)痛いです。ご注意ください。

40歳50歳のピアスデビュー、ピアスの種類

まずはピアスの種類から。違うのは留め方の違いです。どのピアスもデザインにより想定年代がありますが極端に外れなければお好きなピアスでお楽しみください。

白く見える金具、チェーンはプラチナ、K18 ,K14のホワイトゴールド(WG)
金色の金具、チェーンはK18 ,K14のイエローゴールド(YG)、ピンクゴールド(PG)などです。

フックピアス


普段使いに簡単に装着できて簡単に外せるフックピアス。
ピアスホールのすぐ下にストーンがくるショートタイプとチェーンとストーンのロングタイプなどがあります。

チェーンピアス


チェーンをホールに通してぶら下げるタイプのピアス。
金属だけのチェーンとチェーンにジュエリーストーンが付いたピアスなどがあります。
動きに合わせてゆらゆら揺れるフェミニンなピアス。

フープピアス


サークルピアス、リングピアスともいいます。結婚指輪、エタニティ指輪をピアスにしたイメージです。もちろんピアスですからピアスホールに通してロックします。

甲丸結婚指輪のようなつるんとした地金のもの、ひねりが加わったもの、メレダイヤを並べたエタニティリングのようなピアスなどがあります。

スタッドピアス


スタッドとは「杭」という意味です。一粒ダイヤモンドのピアスが代表的です。ピアスホールにポスト(ピン)を通し、耳の後ろでキャッチで留めるタイプのピアスです。

チェーンピアスのようでスタッド留めのデザイン、ストーンが3個、5個縦に並んだスタッドピアスもあります。

このほか、最近はカフが多く出回るようになりました。
カフはどちらかというとイアリングでピアスホールがなくても着けられます。耳の横の軟骨の凹凸に懸けて挟むアクセサリーです。

40代、50代におすすめのおしゃれなピアス

今どきの40代50代は若い!ピアスしていてあたりまえですよね。
20代前半のギャルみたいに3・4か所もホール開けていろいろ並べて着けるなんてことはないでしょう。大人のおしゃれには一か所で充分だと思います。

同世代でもちょっと前までイケイケだった奥様と違って品行方正でいらした奥様にプアスライフを楽しむ基礎知識、ピアスの種類とデザインなどご覧いただきます。

40代50代にオススメのフックピアス

40代のピアス 40代のピアス
フックピアスではストーンがダイヤモンドのピアス、カラージュエリーのピアス、パールのピアスをおすすめします。大きくて重いピアスだとホールが縦長に引っ張られて見た方が痛そうに感じることがあります。ほどほどの大きさと重さがいいです。

毎日着けていたいピアスをお求めになる場合、ストーンはダイヤモンドでもカラージュエリーでもパールでもかまいません。どのストーンがお好みですか、ショートフックかロングフックか、デザイン系フックかそれぞれ表情・印象が変わります。

着ける、はずすが簡単にできるのがフックピアスです。

カラージュエリーとパールのフックピアス
ダイヤモンドピアスおすすめ

40代50代におすすめのチェーンピアス

40代のピアス 40代のピアス
チェーンピアスは揺れるピアス。フェミニンでエレガントな印象のピアスです。こちらもダイヤモンドのチェーンピアス、カラージュエリーのチェーンピアス、ストーンなしのチェーンピアスがあります。

ストーンの色によって赤系、青系、黄色系のイメージが変わります。せっかくですから誕生石のチェーンピアス12本まとめ買いしてみます?

チェーンもプラチナやK18WG、K14WGなどのホワイト系チェーンと、K18YG、K14PGなどのゴールド系があります。おしゃれでゴージャスなゴールド系も楽しいです。

ピアスホールにチェーンを通しますのでストーンはチェーンの片側です。折る返したチェーンの前を長くするか後ろを長くするかはお好みですが、一般的には折り返した後ろ側をやや長くすることが多いです。

カラージュエリーのチェーンピアス一覧
ダイヤモンドピアスおすすめ

40代50代にお勧めのフープピアス

40歳50歳のおしゃれなピアス 40歳50歳のおしゃれなピアス
簡単に言えば輪っか、サークルピアスですね、耳たぶに着けるリング状のピアスで通常はシャダン(遮断)留めになります。

プラチナやK18の金属だけのサークル、メレダイヤが並んだエタニティのサークル、二連三連のサークルなどがあります。ファッションショーやファッション雑誌のモデルさんが着けているような大きなサークルはおしゃれで見栄えはするのですが、実際には普通の生活では着ける場所がありませんね。

おすすめはダイヤモンドのエタニティフープピアス。毎日いつでも着けていたい場合はプラチナやK18の金属だけのホープピアスがおすすめ。金属だけではなんか寂しいときは、フープに通してぶら下げるチャームをお試しください。

フープピアス、ファンシーピアスの一覧
ダイヤモンドピアスおすすめ

40代50代にお勧めのスタッドピアス

40歳50歳のおしゃれなピアス 40歳50歳のおしゃれなピアス

ストーンのついたピンをホールに通したキャッチで留めるタイプです。一粒ダイヤスタッドのほかチェーンのスタッド、3ストーンやファイブストーンのスタッドもあります。

お休みになるとき以外ずっと着けていたい場合はストーンのかさばらない、ぴったり耳たぶに着くタイプ、例えば一粒ダイヤのスタッドピアスタイプが扱いやすいかと思います。

40歳50歳のおしゃれなピアス

ダイヤモンドスタッドピアスの一覧
ダイヤモンドピアスおすすめ
デザインピアスのスタッドタイプはファンシーピアスの一覧でご覧ください

40歳50歳のおしゃれなピアスのまとめ

ピアスは気軽に着けるおしゃれのポイント。小さい、大きい、カラーストーン、ダイヤモンド、フック、チェーン、スタッドなどお好みのタイプとデザインでそれぞれのピアスがいくつも欲しくなりますね。

ピアス全部見たいときはこちら LISAのピアスを見る

40代50代のピアス、ストーンではダイヤモンド、カラーストーンとパールは一つずつお持ちください。それぞれに印象が違って着ける楽しみが増えます。まず毎日使いやすいフックピアスがいいかもしれません。

ダイヤモンド、カラーストーン、パールのフックピアスが一つずつ揃ったら、次はダイヤモンド、カラーストーン、パールのチェーンピアス、次はダイヤモンド、カラーストーン、パールのスタッドピアスと揃えていけば、あ、まったく同じの買っちゃった・・ってことにならないかも。どうしても好みのタイプに目がいきますものね。

ピアスホールを開けたら人生が変わる、これはオーバーでしょうが少なくともファッショナブルにおしゃれに40代50代を楽しむことができます。
あらためまして、40歳50歳でのピアスデビューおめでとうございます。

 

ダイヤモンドLISA、Yahoo!店
激安一粒ダイヤネックレスLISA、Yahoo!店激安デザインダイヤネックレスLISA激安ダイヤピアスLISA、Yahoo!店

激安ダイヤネックレスLISA、キャッシュレス還元

LISAのダイヤモンドブログ関連記事

おしゃれなファンシーピアス30代のダイヤモンドネックレス40代50代のダイヤモンド赤いジュエリーピアス

タイトルとURLをコピーしました