50代のダイヤモンドネックレス、1カラットSIクラス!

50歳のダイヤネックレス ダイヤモンドネックレス
40代まではあまり自分のことだけ考える余裕もなく一目散に駆け抜けてきたというのが正直なところでしょうか。
50代になると子供も独立し、気持ち的にも経済的にも少し余裕が出てきます。
あの頃欲しかったもの、だけど諦めていたものありますよね。
ちょっと思い切らなければ買えないから自分一人にための買い物は封印してきたもの。
あの頃の夢が叶うかも知れません。
それはきれいに輝く1カラットダイヤモンド。

50代におすすめの一粒ダイヤネックレスのグレード

50代で新たに買い求める標準的なサイズとしては0.7ct~1カラットを抑えておきたいですね。
できれば輝きのいい一粒ダイヤモンドの1カラット。

0.5カラットでも控えめな大きさで好感の持てるサイズなんですが、50代になって新に買うには少し小さいでしょう。これからしばらく愛用することになるなら0.7カラットからがおすすめです。

大きいカラットが欲しい、でも100万は買えない。
はい、わかります。銀行預金に余裕はあっても自分だけのために100万円は簡単には使えないですよねえ。

1カラット198,000円のテレビショッピングにしようかしら・・ちょっとお待ちください。
I1はインクルージョンが多くカットも甘くきれいに輝きますとは言いにくいダイヤモンドです。

あまり輝かなくてもいいの、とにかく1カラットが欲しいの、というかたにはいいのかもしれませんが、
きれいに輝くダイヤにしたいならはSIクラス以上のブリリアンカットである必要があります。

お値段激安できれいに輝く1カラットダイヤモンド、まずはこのSIクラスの3点がおすすめ!
以下の価格は2020年3月1日現在、10円台省略

1カラットの輝くダイヤモンド、普段使いはSIクラスから

1.0ct Hカラー、SI2、Goodカット一点留め 310,100円 1.0ct Hカラー、SI2、Goodカット6爪 310,100円 1.0ct Hカラー、SI2、Excellentカット 382,200円
50代のダイヤモンドネックレス1カラット 50代のダイヤモンドネックレス1カラット 1カラットエクセレントカットのSI2

50代におすすめの1カラット一粒ダイヤモンドネックレス

50代におすすめの一粒ダイヤモンドネックレス、始めにピックアップした3点はHカラーの1カラット一粒ダイヤモンドです。
カットはgoodとエクセレントのブリリアンカット、クラリティはSI2です。

Hカラーはほぼ無色透明。Dカラーと見た目での大きな色の違いはありません。
カットはExcellentが最高の精度でカットされていますがGood もランウドブリリアンカットの条件を満たしたカット。

毎日着けるダイヤネックレスという前提になりますので、エンゲージリングのDカラー、VVS1、Excellentクオリティでなくていいですよね。1カラット、Dカラー、VVS1、Excellentなら150万、0.7ctのDカラー、VVS1、Excellentなら80万~90万円。そんな高価なの毎日着けていたいですか?

グレードの違い・価格の違い・輝きの違い

それに、あまり大きな声では言いにくいのですが、4Cのどこかを少しランクを下げても輝きの違いはほとんどわからないものです。
ダイヤモンドの4C
カラーで言えばD~Iはどれも無色透明に見えます。
クラリティにしてもVVSからSIはつまんでみてもインクルージョンは見えません。
カットのグレードでもExcellentからGoodはほとんど同じように輝きます。

例えば1カラット、Dカラー、VVS1、Excellentと1カラット、Dカラー、VS1、Excellent、または
1カラット、Dカラー、VS1、ExcellentとFカラー、VS1、Good、それぞれ二つを並べて違いが判るかといえばほぼわからないです。

Fカラー、VS1、GoodとHカラー、SI2、Excellent、これもよほど見慣れた方か、ルーペでじっくり見なければわからないでしょう。グレードの違いはお値段の違いになります。でも、輝きの違いはお値段の違いほどの違いではありません。

ご参考記事はこちら「ダイヤモンドの4C、少しのグレードの違いは判らない」もご覧ください。

毎日着けて愛用できるグレードのほうがいい、だけど、できれば輝きのきれいなダイヤモンドがいいですよね。SIクラスはご期待通りに、お値段以上にご満足いただけるグレードの普段使いのダイヤモンドです。

ラウンドブリリアンカットの1カラットダイヤモンドもSIクラスは破格値

HカラーのラウンドブリリアンカットGoodとExcellentのクラリティSI2ダイヤモンドプラチナネックレス。
Dカラーじゃないですが普通に見てDカラーと Hカラーの見分けはできないでしょう。どちらもほぼ同じ無色透明に見えます。

クラリティSI2はブライダルクオリティでもあり、内包物が肉眼では見えないダイヤモンドです。つまりダイヤモンド内の光の反射を妨げるインクルージョンのないダイヤモンド。でもVVSと比較すればかなりお安くなります。なるべくきれいに輝いて、なるべくお財布にやさしいダイヤモンドがSI2です。

1カラット、Dカラー、VVS1、Excellentのダイヤモンドは平均価格で150万円
1カラット、Hカラー、SI2、Excellentは38万円
その差110万円もの輝きの違いはありません。

1カラット一粒ダイヤモンドSIクラスのご感想

1カラット プラチナ Pt900 大粒 ダイヤネックレス 一点留 Hカラー SI2 Good
妻がネックレスを首にかけた瞬間、大粒ダイヤの輝きにビックリしました。
一点止めを選んで本当に良かったと思います。
妻も大喜びデス!
1カラット プラチナ Pt900 大粒 ダイヤネックレス 一点留 Hカラー SI2 Excellent
ダイヤもとてもキラキラしてきれいで妻も大喜びでした。
鑑定書を拝見しましたが、予想以上の商品で感激しております。
貴店で購入して本当によかったです。どうもありがとうございました。

きれいに輝く50代の一粒ダイヤモンド、0.5カラット

1カラットはもう少し先でいいとお思いの方もおいでになるでしょう。
50代にはやや控えめなカラット・サイズかも知れませんが毎日着けるダイヤネックレスでは0.5カラットは一番手頃なサイズですね。

あまり大粒でなくていいからきれいに輝くダイヤモンドをご希望の方におすすめの0.5ct SIクラスです。

0.5ct Hカラー、SI2、Goodカット 127,000円 0.4ct Dカラー、SI2、Excellentカット 119,500円 0.5ct Dカラー、SI2、Excellentカット、H&C 197,000円
50代のダイヤモンドネックレス SIクラスダイヤモンドネックレス 50代のダイヤモンドネックレス

以下、1カラットでの説明と被る部分もありますがカラーとクラリティとカットについてご案内します。

0.5ct、HカラーとDカラー。
おすすめするのはHカラーとDカラーのExcellentとGoodです。
いずれもお買い上げの多いダイヤネックレスです。

Dカラーは「無色透明」の最上位グレード。
Hカラーは「ほぼ無色透明」のグレード。
DカラーからE、F、G、H、I・・・とすこしずつ、ほんのわずかに黄色味を帯びてきます。業界人にはDとF、EとGのカラーの違いが判る、という方がおいでになるかもしれませんが一般にはほぼ見分けられないでしょう。

近いカラーの違いは二つ並べてじっくり見てもわからないです。
DとHの違いは?単独で見てカラーの違いは判りません。どちらも同じ無色透明に見えるでしょう。DとH二つ見比べればほんのすこ~~し色がついてるかも・・という程度の違いです。

カットはGoodとExcellent
ダイヤモンドがきれいに輝くためのラウンドブリリアンカットの基準を満たしているのがGoodカット。
ラウンドブリリアンカットの基準通り極めて精巧なカットに仕上げっているのがExcellentカットです。
ダイヤモンドに指し込んでくる光を全反射して、明るく白く輝きます。

GoodとExcellentのカットの違いは見た目ではわかりません。ラボでの光学的専用測定器と蓄積された膨大なダイヤモンドの測定データとの比較によってGood Verygood Excellentのカットグレードが判定されます。

ラボの外で、人の目でGood Verygood Excellentの違いが判るかといえば、かなり難しいです。
光学的専用測定器が開発される前はダイヤモンド評価の4Cに「カット」の項目はなかったといいます。当時の鑑定士の経験値と研磨師のネームバリューなどでランクが決まっていたようです。

クラリティはSI2
クラルティはダイヤモンド内のインクルージョン(内包物)の状態です。
天然ダイヤモンドですからどのダイヤモンドにも内包物はあるのですが状態・量によってVVS、VS、SI、Iのランクになります。ラボの専門家が10倍拡大装置でダイヤモンドを精査した結果のランクです。

一般的環境でダイヤモンドをつまんでみてカーボンやクラウドの内包物が見えるのはIクラス。VVS、VS、SIクラスのダイヤモンドでは見えません。

ダイヤモンド内のインクルージョンが少ない=ダイヤモンドの光の反射を遮るものがない、といいうことで、SIクラスはきれいに輝くダイヤモンドなんです。ですからカットグレードもラウンドブリリアンカットのGood Verygood Excellentのカットグレードがほとんどになります。

0.5カラットダイヤモンドSIクラスのご感想


0.5ct ダイヤネックレス 一点留 Hカラー SI2クラス Good 0.5カラット 鑑定書付き
サイト上でチェーンの説明が不十分で留め具部分が心配でしたが調節フリーのアジャスターになっていて安心しました。1点留は光を取り入れてくれとても綺麗に輝き胸元が美しく見えます。
自慢の一点になりました。

0.5ct ダイヤネックレス 6本爪 Dカラー SI2クラス Excellent 鑑定書付き

始めはネットでダイヤモンドを買うのは初めてで不安でした。しかし同じクラスのダイヤモンドがデパートでは倍以上のお値段でした。こちらは鑑定書付きでしたし、思い切って購入致しました。SI2という事で不安がありましたが、届いたダイヤモンドを見て不安が消えました。エクセレントカット、Dカラーですので本当にキラキラしていて、綺麗な素敵なダイヤモンドです。

はじめに見た時は思ったよりも小ぶりだなぁと思いましたが、母親に胸元につけてもらうと、キラキラ光って凄く存在感がありました。大きすぎないところも、さりげなくて良いと母親はとても喜んでいました。ベネチアンチェーンでスライド付きで自由自在に,長さを調節出来るところもグットです。コストパフォーマンスが良いですね。こちらで購入して大正解でした。母親にも喜んで貰い、本当に良い買い物をしました。有り難うございました。

0.5ct ダイヤネックレス 6本爪 Dカラー SI2 Excellent EXハート&キューピット 鑑定書付き
ベネチアンチェーン (0.6mm)のカットが、ダイヤモンドをより引き立たせてくれていると思う。大変満足です。

0.5ct ダイヤネックレス 6本爪 Dカラー SI2 Excellent EXハート&キューピット 鑑定書付き
安く買えてよかったです?今度は1カラット以上がほしいです?品質はほどほどで考えます。

ピアス、ダイヤモンドリングもございます。右の記事一覧からご覧ください。

一粒0.5ctからはSIクラスがおすすめ!

一粒ダイヤネックレスでI1は5万円台からとお安くなりますが、期待通りきれいに輝くかと聞かれたらちょっと自信がありません、I1クラスは肉眼でダイヤモンド内のインクルージョンが見えるグレードです。

50歳になったから大きなカラットにしたい、特別きれいに輝かなくてもいいの、ということでしたらI1がいいです。できればきれいなダイヤモンドを、ということでしたらSIクラスがいいです。

I1はご本人が普段お使いになる分には十分なのですが、お食事会とか、クラス会とかに着けていくには少し気になるグレードになります。

SIクラスはカットもブリリアントカット

これらの内包物が光の反射を妨げます。また、SIクラス以上はほぼブリリアンカットの基準を満たしたExcellent、Verygood、Goodのカットグレードになりますが、I1はほとんどが Fair、Poorのカットランクでブリリアントカットの要件を満たしていないカットになります。

ブリリアントカットの基を満たしていないと角度や長さの狂いで光が全反射できず不十分です。I1は見た目に白濁や黒点のインクルージョンが見えるということと全反射しないことで見た目と輝きに影響します。

Fair Poorのグレードのダイヤモンドのカット例です。

ブリリアントの要件を満たさないカット


わかりやすくややオーバーに描いていますが、Fair Poorになると上のような、ブリリアンカットの規定を満たせないカットになります。Excellent、Verygood、Goodは正しい比率でのブリリアントカットになっています。

正しい比率でカットされていれば光の感謝はすべてダイヤの上方向に反射します。カットが規定通りでないとダイヤモンドの横から光が漏れて輝きが弱くなります。さらに白濁やカーボンがあれば反射が妨げられることになります。

50代からのダイヤモンドにはなるべくお安く、なるべくきれいに輝くダイヤモンドをお勧めしたいので光の反射がインクルージョンに邪魔されない、正しい比率のブリリアンカットになっているSI2グレードの一粒ダイヤネックレスをおすすめしています。

VVS、VS、SIとクラリティのグレードは下がりますが見た目の印象はあまり変わりません。
見た目はほとんど変わりませんが、お値段は大きく変わります。SIは激安です。
ダイヤモンドの4Cクラリティ

一粒ダイヤモンドならSIクラスが狙い目!これ覚えておくときれいなダイヤモンドが破格値で買えます。
3ストーンや5ストーンのダイヤネックレスでは複数のダイヤモンドですからダイヤモンドのクオリティは気にしなくていいですね。

50代の胸にスリーストーンダイヤモンドネックレス

一粒ダイヤモンドネックレスよりファッショナブルなダイヤネックレスがご希望の方に、リーズナブルなスリーストーンのダイヤネックレス!

50代のダイヤモンドネックレス
トリロジー(スリーストーン)トリニティともいわれます。ダイヤネックレスも0.3ctぐらいから揃えていますが、50代の方に0.3ctをおすすめしては叱られますね。ここでは1.0ct、1.8ctと2.0ctのスリーストーンをご案内します。

 

惜しげなく毎日着けて楽しむトリロジーダイヤモンドネックレス。
Hカラー、I1、プラチナネックレスです。

1.0ctスリーストーン、Hカラー、SI2、Good、プラチナネックレス

50代のダイヤモンドネックレス
1.0ct  鑑定書付きHSI2Goodきれいに輝くスリーストーン
トップPt900 ネックレス:Pt850)
1ct(3石合計)
Hカラー、SI2、Goodカット
チェーン:ベネチアンチェーン
鑑定書付き
価格円(税込み)

1.8ctスリーストーンダイヤモンドネックレス、Pt850

 

1.8ctトリロジーダイヤネックレス

1.8ct スリーストーンプラチナダイヤネックレス
0.6ct大粒ダイヤの3連、ヘッドPt900,、チェーンはPt850ベネチアン
Hカラー・I1クラス・フェアカットダイヤモンド3石
1粒0.6ct、ダイヤモンド径およそ5.5㎜のビッグサイズダイヤが3連!
価格円(税込み)

2.0ctスリーストーンダイヤモンドネックレスPt850

2.0トリロジーダイヤネックレス
3石計2.0カラットのスリーストーンダイヤネックレス
Hカラー・I1クラス・フェアカット3石 鑑別書付き
ヘッドPt900,チェーンPt850ベネチアン
1粒およそ0.7カラット、5.7㎜径の大粒ダイヤモンド3粒、これは映える!
価格円(税込み)

毎日着けるダイヤモンド、普段使いのダイヤモンドネックレスのLISAは格安ダイヤモンドのみをお届けしています。ダイヤモンド

POINT! 50歳からのダイヤネックレスはSIクラス!

SIクラスダイヤネックレスの一覧を見る

ポイントがザクザク貯まるYahoo!ショップのLISAです。
ダイヤモンドショップ

普段づかいのダイヤモンドLISA

ダイヤモンドLISA、Yahoo!店 ダイヤモンドリサのLISA Yahooショップ ダイヤモンドリサのLISA Yahooショップ ダイヤモンドリサのLISA Yahooショップ

関連記事のご案内です
ダイヤモンド関連記事は貴金属・ジュエリー販売経験者が担当しています。

40代50代のダイヤモンド普段使いトリロジーダイヤモンド

タイトルとURLをコピーしました