ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの4C ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの4Cとは

ダイヤモンドの4Cとは、ダイヤモンドの品質を4つのCでグレードを評価したものです。

4つのCとはCarat:ダイヤモンドの重さ(サイズ)、 Color:ダイヤモンドの色合い(無色透明Dカラーが最上位)、 Cut:ダイヤモンドのラウンドブリリアンカットの精度(Excellentが最上位)、 Clarity:主にダイヤモンド内部のインクルージョンの状態 )について鑑定機関が評価したもので、各項目の評価が高ければ高価なダイヤ、評価が下がればお値段もお安くなります。

カラット カラットは大きいほど高価になる、これは皆様ご存じのとおりです。
念のために書きますと、カラットは正確にはダイヤモンドの重さです。1カラット=200ミリグラム、つまり0.2gです。
通常はグラム数なのですが、実際の取引はカラットでダイヤモンドの大きさを判断しますので、カラットはダイヤの大きさの単位にもなっています。

ダイヤの4C、カラー、クラリティ、カットは左側がハイグレード、右側がローワーグレードです。

わかりやすいダイヤモンドの4C

大切な記念日のダイヤモンドの4C

エンゲージリングなどの特別なアニバーサリーダイヤでしたら4Cすべて最高評価のDカラー、VVS1、Excellentがおすすめです。予算が限られるからとグレードを落としすぎるとず~~っと悔やんだりすることになりかねません

少しグレードを落としてもほぼ見た目にはその違いは判らないものなのですが、お使いになるご本人はグレードが判りますのでDカラーじゃないんだよなあ、Fカラーなんだよなあ・・とか、Excellentじゃないんだよなあ、Goodなんだよなあ・・なんてことになるの嫌ですよね。

そんな時はカラットを少し小さくしてカラー、クラリティ、カットは最上級にしてください。
0.7カラット、Dカラー、VVS1、Excellentが欲しかったけど予算の都合で0.5カラット、Dカラー、VVS1、Excellentにした。サイズは小さくなったけどきれいなんだよねえ、Dカラー、VVS1、Excellentだものってことになります。

毎日使いダイヤモンドの4C

記念日のダイヤモンドを毎日着けていたら、万が一の事態になったらどうしましょう。
毎日着けてなきゃもったいないと思っても、いざ失くしてしまったらもったいないどころではないですね。

マイに津使うダイヤモンドは最上級の4Cでなくていいので少し大きいカラットでも買えます。
1カラット一粒ダイヤでも10万円台、0.7ctで7万8万、0.5ctで5万6万、およそこんな価格で天然ダイヤモンドです。

こげ茶色のダイヤ?そんなのいらない?

いえ、ダイヤモンドカラーはHカラー前後。ほぼ透明なダイヤモンド。
一つお安くなる理由がクラリテI1でダイヤモンド内のインクルージョンが目で見えます。
身に着けてすれ違うぐらいでは全くわかりませんが、つまんでみると判る、見えるというダイヤモンドです。

ダイヤモンドのクラリティでVVSからSIまでのランクに極端な差はないのですがSIとI1には見た目でわかる違いがあります。こげ茶だからではなくインクルージョンが見える、だからI1は安い!

ダイヤモンドの4Cクラリティ

普段使いは4Cすべて最上級グレードでなくていい、だけどダイヤモンドなんだからきれいに輝いているダイヤモンドがいいですね。

ポイントは、一番安I1の上、SIクラスです。
インクルージョンはあるんですが目では見えない、概ねブリリアンカット規定を満たしたカットに仕上がっている、だから光を全反射する。普段使いのきれいに輝くダイヤネックレスならSIクラスから。

このカテゴリーではこんな内容の故事をまとめています。

 

サイト内ダイヤモンド関連記事

ダイヤモンド関連記事はダイヤモンド販売経験者が担当しています。

ダイヤモンドの4C優先順位SI2,ダイヤモンドのすすめ普段使いトリロジーダイヤモンド奥様に贈るダイヤモンド、プレゼント30代のダイヤモンドネックレス40代50代のダイヤモンド普段使いのダイヤモンドSI2とI1

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの大きさ

ダイヤモンドの大きさをわかりやすく直径サイズミリメートル一覧でご案内。0.3カラットのサイズは4.4㎜、0.5ctは5.2㎜、0.7ctは5.8㎜、1カラットは6.5㎜のサイズです。サイズが数字ではピンとこないときは装着画像をご覧ください。
コーヒーブレイク

きれいに輝くダイヤモンドの条件【ファセット】

ダイヤモンドの輝きはカット、と言われます。光の全反射の役割を担う中心はファセットです。ラウンドブリリアンカットの説明でよく目にするファセットについて、使いでご説明。輝くダイヤとそうでないダイヤの違いがわかります。
ダイヤモンドの4C

毎日着けるダイヤモンドの4Cのグレード

ダイヤモンドの4C、Carat、 Color、 Cut、 Clarityでそれぞれのグレードの評価は見た目では区別付きにくいものです。ですからダイヤモンドを買い基準は何が何でもトップグレードである必要はないのです。少しのグレードの違いほどの差はありません。後ダイヤモンド拡販大作戦で刷り込まれたダイヤモンドの常識もそろそろ変えて賢いダイヤモンド選びしましょう。
ダイヤモンドの4C

ダイヤモンド買うなら4Cの優先順位も知っとかないと!

ダイヤモンドを買おうとするときに、どうしても必要になるのがダイヤモンドの4C(カラット、カラー、カット、クラリティ)の知識です。ブライダル用だダイヤか、普段使い用ダイヤかでどのCを優先するか変わります。グレードが高い高価なダやモンドの4Cと普段使いの格安ダイヤモンドの4Cではカラット以外にどこが違うのかは知っておいたほうがいいです。
ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの選びかた、ブライダルと普段使い

日本では婚約指輪はDカラーVVS1のExcellentと相場が決まっているようですが本当にDのVVS1のExcellentでなければだめなんでしょうか。50年前のダイヤモンド売り込み文句から抜け出してもいいころです。ご案内します、婚約指輪と普段使いのダイヤ選びの木措置敷く。
ダイヤモンドの4C

エンゲージリング、やっぱりちょうだいが55%!

婚約指輪、エンゲージリングの平均的なカラットとお値段はご存知ですか?結婚適齢期でお付き合い1年くらいだと男性も女性も結婚を意識するようになる頃ですね。そこで気になるのが婚約指輪。エンゲージリングは何カラットでいくらぐらいが平均なの?そもそも結婚するカップルはすべて婚約指輪を買うものなの?よくわからないエンゲージリングについてここを見ればわかるようまとめました。
ダイヤモンドの4C

普段使いのダイヤモンド、きれいに輝くのはどのグレードまで?

普段使いのダイヤモンドってどんなダイヤモンド?逆に普段使いでないダイヤモンドってどんなダイヤモンドなんでしょうか。 普段使いとはおしゃれで身に着けるダイヤモンド、普段使いでないダイヤモンドは一般に言うところの「ブライダルダイヤモンド」...
ダイヤモンドの4C

妻にダイヤを贈りたい!失敗しない、男のダイヤモンド選び

奥様に贈る一粒ダイヤモンドネックレスの選び方。お誕生日やホワイトデーのプレゼントにはダイヤモンドのデザインネックレスでもいいのですが10年、15年、20年の結婚記念日などでは一粒ダイヤモンドがおすすめです。低予算できれいに輝く一粒ダイヤネックレスの選び方をご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました