後悔しないダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンド買うなら4Cの優先順位も知っとかないと!

ダイヤモンドを買おうとするときに、どうしても必要になるのがダイヤモンドの4C(カラット、カラー、カット、クラリティ)の知識です。ブライダル用だダイヤか、普段使い用ダイヤかでどのCを優先するか変わります。グレードが高い高価なダやモンドの4Cと普段使いの格安ダイヤモンドの4Cではカラット以外にどこが違うのかは知っておいたほうがいいです。
ダイヤモンドネックレス

華の40代にふさわしいカラットとデザインのダイヤネックレス!

30代後半から40代前半の女性にふさわしいダイヤモンドのカラット、グレード、デザインってどんなノンがいいんでしょうか?カラーはDでなきゃダメなのかな、カットはやっぱりエクセレントだなあ。クラリティはVVSでなくてもきれいだというけどどうなんだろう。アラフォーの年代にふさわしいきれいに輝くダイヤモンドをご紹介します。もちろん激安セレクトです!
ダイヤモンドの選び方

婚約指輪平均出費の35万円を15万円にできるSI2!

奥様になられる方がDカラー-、VVS1、Excellentでなきゃイヤ!と言われるならご覧になってはいけません。Dカラー- ,SI2、Excellentでいい、あなたが精いっぱい頑張って買ってくれるリングだから、と言われる方には一度ご覧いただきたい必見のダイヤリングです。VVS,VS SIはダイヤモンドの内部インクルージョンが肉眼では見えないきれいに輝くダイヤモンドですがVVSとSIでは価格差が大きいのです。SI2ならDカラー- ,Excellentのエンゲージリングの平均出費35万円が15万円で収まります。
ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドピアス0.3ctと0.5ct、おすすめの10選!

ピアスがOKの職場でも派手なピアス、大きなピアスは控えたほうがいいですね。ちょっと控えめな大きさのづたっどピアスがおすすめです。ちょっと控えめのサイズでお進まは0.3カラットと0.5カラット。ピアスの場合は片耳で0.15ct、0.25ctですから目立ちすぎることはありません、好感を持たれるサイズです。
ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの選びかた、ブライダルと普段使い

日本では婚約指輪はDカラーVVS1のExcellentと相場が決まっているようですが本当にDのVVS1のExcellentでなければだめなんでしょうか。50年前のダイヤモンド売り込み文句から抜け出してもいいころです。ご案内します、婚約指輪と普段使いのダイヤ選びの木措置敷く。
ダイヤモンドの選び方

ソリティアリングがVVS、EXでも10万円節約できます!

平均35万円のエンゲージリングを10万円節約しましょう!日本でのエンゲージリングの平均は0.3カラット、35万円、DカラーVVS、Excellentです。結婚は人生で最も大きなイベントになりますのでできれば人並にと思うと費用も大きいです。でもちょっと調べれば極端なダウンでなくて安く節約できるのです。このリングもその一例。ほぼトップグレードでも平均価格より10万円節約できる必見のエンゲージリング。婚約指輪なし、結婚式なし、披露宴なしではやはり後にちょっと悔やまれるかも知れません。
ダイヤモンドネックレス

普段使いの0.3ct一粒ダイヤネックレス、I1とSI2のお買い得10選!

天然ダイヤモンドネックレス0.3カラットの中から10点をピックアップしてご紹介しています。普段使いのダイヤモンドです、ブライダルクオリティの4Cすべてトップグレードではありませんが、HカラーI1の激安0.3ctダイヤネックレスから、DカラーExcellent SI2の0.3ctまでご予算とお好みの輝きで選んでいただけます。きれいに輝くダイヤがご希望でしたらクラリティSI2の0.3カラットをお選びください。
ダイヤモンドネックレス

1カラットも10万円から、普段使いのダイヤネックレスの選び方

憧れの1カラットダイヤモンドのネックレスが激安価格の10万円台から。クオリティはHカラーI1、HカラーSI2, DカラーSI2があります。小さいカラットはすでにお持ちでしたら、クオリティはそこそこでも1カラットの大粒ダイヤモンド!小さいカラットと大きなカラットでは大きな1カラットが着ける楽しみも大きいですね。I1、SI2で大粒ダイヤをゲットしましょ!
タイトルとURLをコピーしました