後悔しないダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの大きさ

ダイヤモンドの大きさをわかりやすく直径サイズミリメートル一覧でご案内。0.3カラットのサイズは4.4㎜、0.5ctは5.2㎜、0.7ctは5.8㎜、1カラットは6.5㎜のサイズです。サイズが数字ではピンとこないときは装着画像をご覧ください。
ダイヤモンドの選び方

40代の妻に贈る毎日着けるダイヤモンド

40代の奥様へのプレゼントはダイヤアクセサリーでしょ!40歳になった奥様に、40代半ばの奥様に、40代後半の奥様にクリスマスやお誕生日のプレゼントはお花だけでなくダイヤモンドピアス、ダイヤネックレスもご一緒に。きっと喜んでもらえる、毎日着けてもらえるお手頃価格のダイヤモンドネックレス、おしゃれなダイヤモンドピアスをご紹介します。
ダイヤモンドの選び方

母の日は花とダイヤアクセサリーがいい!

母の日のお花に添えて送りたいダイヤモンドネックレスとダイヤピアス、それぞれのお母様の年代にふさわしい一粒ダイヤネックレス、デザインダイヤネックレスとスタッド、フック、チェーン、フープのダイヤモンドピアス、デザインピアスなどのおしゃれなピアスをご紹介。
ダイヤモンドの4C

ダイヤモンド買うなら4Cの優先順位も知っとかないと!

ダイヤモンドを買おうとするときに、どうしても必要になるのがダイヤモンドの4C(カラット、カラー、カット、クラリティ)の知識です。ブライダル用だダイヤか、普段使い用ダイヤかでどのCを優先するか変わります。グレードが高い高価なダやモンドの4Cと普段使いの格安ダイヤモンドの4Cではカラット以外にどこが違うのかは知っておいたほうがいいです。
ダイヤモンドの選び方

婚約指輪平均出費の35万円を15万円にできるSI2!

奥様になられる方がDカラー-、VVS1、Excellentでなきゃイヤ!と言われるならご覧になってはいけません。Dカラー- ,SI2、Excellentでいい、あなたが精いっぱい頑張って買ってくれるリングだから、と言われる方には一度ご覧いただきたい必見のダイヤリングです。VVS,VS SIはダイヤモンドの内部インクルージョンが肉眼では見えないきれいに輝くダイヤモンドですがVVSとSIでは価格差が大きいのです。SI2ならDカラー- ,Excellentのエンゲージリングの平均出費35万円が15万円で収まります。
ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドピアス0.3ctと0.5ct、おすすめの10選!

ピアスがOKの職場でも派手なピアス、大きなピアスは控えたほうがいいですね。ちょっと控えめな大きさのづたっどピアスがおすすめです。ちょっと控えめのサイズでお進まは0.3カラットと0.5カラット。ピアスの場合は片耳で0.15ct、0.25ctですから目立ちすぎることはありません、好感を持たれるサイズです。
ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの選びかた、ブライダルと普段使い

日本では婚約指輪はDカラーVVS1のExcellentと相場が決まっているようですが本当にDのVVS1のExcellentでなければだめなんでしょうか。50年前のダイヤモンド売り込み文句から抜け出してもいいころです。ご案内します、婚約指輪と普段使いのダイヤ選びの木措置敷く。
ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドピアス入門、ピアスの種類と選び方

初めてのピアスにダイヤモンドにするか迷いますね。気軽につけられるカラージュエリーのピアスとダイヤモンドのピアスを例にピアスの種類とTPOなどをご案内しています。大人の仲間入りでしたらダイヤモンドスタッドピアスはお持ちになったほうがいいです、職場でもプライベートでも役に立ちます。
ダイヤモンドネックレス

普段使いの0.3ct一粒ダイヤネックレス、I1とSI2のお買い得10選!

天然ダイヤモンドネックレス0.3カラットの中から10点をピックアップしてご紹介しています。普段使いのダイヤモンドです、ブライダルクオリティの4Cすべてトップグレードではありませんが、HカラーI1の激安0.3ctダイヤネックレスから、DカラーExcellent SI2の0.3ctまでご予算とお好みの輝きで選んでいただけます。きれいに輝くダイヤがご希望でしたらクラリティSI2の0.3カラットをお選びください。
ダイヤモンドネックレス

1カラットも10万円から、普段使いの1ctダイヤネックレスの選び方

毎日着ける1カラットの大粒ダイヤモンドネックレス!憧れの1カラットダイヤネックレスが激安価格の10万円台から揃っていますが、おすすめはきれいに輝く1カラットのHカラーSI2, DカラーSI2。普段使いでも期待通りのきれいな1カラットを選びたいなら必見です!
タイトルとURLをコピーしました