毎日着けるダイヤモンドの4Cのグレード

ダイヤモンドの4C ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの4C(Carat Color Cut Clarity )について、どのCを優先させるべきかの記事はよくご覧いただいているようです。
初めてダイヤモンドをおもとめになる場合、必然的に基礎知識としては知っておいたほうがいいのでダイヤの4Cってよくわからない方はダイヤモンドの4Cとその優先順位をご覧ください。

ここではダイヤモンドは必ずしもトップグレードでなくていい、とのお話です。
まずは、ダイヤモンドの4Cとはのダイジェストから。

ダイヤモンドの4Cを簡単にまとめます

ダイヤモンドの4Cとは、ダイヤモンドの品質を4つのCでグレードを評価したものです。

4つのCとはCarat:ダイヤモンドの重さ(サイズ)、 Color:ダイヤモンドの色合い(無色透明Dカラーが最上位)、 Cut:ダイヤモンドのラウンドブリリアンカットの精度(Excellentが最上位)、 Clarity:主にダイヤモンド内部のインクルージョンの状態 )について鑑定機関が評価したもので、各項目の評価が高ければ高価なダイヤ、評価が下がればお値段もお安くなります。

カラット カラットは大きいほど高価になる、これは皆様ご存じのとおりです。
念のために書きますと、カラットは正確にはダイヤモンドの重さです。1カラット=200ミリグラム、つまり0.2gです。
通常はグラム数なのですが、実際の取引はカラットでダイヤモンドの大きさを判断しますので、カラットはダイヤの大きさの単位にもなっています。

ダイヤの4C、カラー、クラリティ、カットは左側がハイグレード、右側がローワーグレードです。

わかりやすいダイヤモンドの4C

大粒ダイヤは一般に0.3カラットからになります
ブライダルリングも0.3カラット台が人気のようです。

そうですね、エンゲージリングで一番多いのは0.3~0.35ctぐらいです

一生一度のリングだからクラリティは最高グレードのVVSが多いんだって。
カットもやっぱりExcellentカットということです。

4Cすべて最上級でなければだめ??

日本でダイヤモンドを着けることが一般的になり始めたのは戦後のことで、アメリカの大きな宝石会社が大々的に売り込みキャンペーンを始めました。このダイヤモンド拡販大作戦によって例の「エンゲージリングは給料3か月分」が刷り込まれてしまいました。結婚するならダイヤモンド、多くの日本人がここで初めてダイヤモンドを買うことになります。

給料3か月分、現在で70万円~100万円前後はかなり高額ですね。でもこのキャッチフレーズはダイヤモンドを扱う日本の宝石屋さんにも好都合でした。大作戦に相乗りしてグレードの高いダイヤの婚約指輪でなければだめ、ってことになりました。

こうして日本ではダイヤモンドはブライダル用ハイグレードダイヤモンドしか流通しない状況になりました。
ちなみにダイヤ販促大作戦の影響でダイヤモンドが売れ、教会での挙式が増え、モダンな団地での新婚生活が当時のカップルのスイートドリームだったようです。

少しのグレードの違いの差は判別できない

ダイヤモンド先進国の欧米ではジュエリーショップはハイグレードダイヤ限定ということはなくいろんなグレードがあります。お求めになる人はエンゲージリングでも好みの大きさ、好みの輝き具合で気に入ったものを買い、特別ハイグレードにはこだわらないようです。

ハイグレードでなければ輝かない?

日本の一般的概念としてダイヤはハイグレードでなければ!というものが定着していますね。4Cすべてハイグレードでなければダイヤの価値がない、ダイヤモンドの輝きが劣ると思っている方が多いようです。

例えば1カラットのダイヤモンドですべてトップグレードのDカラー、VVS1、Excellentカットと 少しグレードが下がるEカラー、VS1、Goodカットの二つを並べてやっぱ全然違うわ・・というほどの差があると思いますか?

ほとんど同じにしか見えない、これが正解です。
あ、断定したら宝石屋さんからクレームが来るかもしれないので ほとんど同じにしか見えない・・でしょう、ってことにしておきます。

見た目同じでも大きな価格の違いになります。

Dカラー、VVS1、ExcellentとEカラー、VS1、Goodの違いは見た目にはわからない、どっちもきれいに輝くダイヤモンドです。EカラーをFカラーにしても色の違いや輝きの違いは判らないです。

また鑑定機関によって同じダイヤモンドでもA機関ではDカラー、VVS1、Excellentの鑑定、B機関ではEカラー、VVS2、Excellentの鑑定になることもあり得ます。故意にグレード評価を操作せずとも専門鑑定機関でも評価が違うかもしれないのがダイヤモンドの4Cです。

でも、大粒ダイヤではDカラーをFカラーにすると20~30万円お値段が変わります。ExcellentカットをGoodカットにすると同じく20~30万円お安くなります。VVS1をVS1にしても20~30万円お安くなります。

グレードの違いは目視での評価ではなく光学的鑑定装置による評価でいわば顕微鏡の世界。Dカラー、VVS1、ExcellentとEカラー、VS1、Goodの鑑定書や4Cのタグがなければ二つの違いは判りません・・でしょう。

ですから、婚約指輪をお求めになる場合も、無理にトップグレードにこだわる必要はないです。

でもやっぱりDの VVS、エクセレントが欲しい?

でもご本人が、ほんとはDカラーVVSのエクセレントが欲しかったんだけど・・では嬉しさも半分ですね。リングを見るたびにDカラーVVSのエクセレントが欲しかったんだよなあ私・・と思うのも寂しいですね。

そんな時はカラットを0.05から0.1ぐらい小さめにしてみませんか。0.5ctの予定を0.4ctに、0.3ctの予定を0.27ctにというように、少し小さくなったけどとってもきれい!のほうがうれしいですよね!

カラットだけは変えたくない場合、カラット以外のCを一つ下げてみる選び方もあります。カラーをDからEに変えて探す、カットをExcellentからVerygoodに、クラリティをVVSIからVVS2にすれば極端なグレードダウンにはならず、少なくともそれぞれのグレードで5万円10万円は違ってきます。4Cそれぞれすぐ下のグレードに落としても見た目、輝きは上で書いたとおりです。

Dカラー・VVS2・Excellentカットを諦めそうになったらここ!

エンゲージリングにふさわしいモダンデザインのソリティア、若いお二人に嬉しいDカラーVVS Excellentがリーズナブルプライス!0.3カラット35万円が日本の平均的エンゲージリングですが 10万円以上節約できます。

ソリティアリングがVVS、EXでも10万円節約できます!
平均35万円のエンゲージリングを10万円節約しましょう!日本でのエンゲージリングの平均は0.3カラット、35万円、DカラーVVS、Excellentです。結婚は人生で最も大きなイベントになりますのでできれば人並にと思うと費用も大きいです。でもちょっと調べれば極端なダウンでなくて安く節約できるのです。このリングもその一例。ほぼトップグレードでも平均価格より10万円節約できる必見のエンゲージリング。婚約指輪なし、結婚式なし、披露宴なしではやはり後にちょっと悔やまれるかも知れません。

新しいデザインのソリティア(立爪)リングをお探しの奥様も是非ご覧ください。結婚当初余裕がなくて奥様にダイヤの指輪を買ってあげられなかった社長さん、トップクオリティのダイヤリングが通販だからできる破格のお値段になっています。

日本のエンゲージリング相場

別記事でもご紹介していますが、日本でダイヤモンドエンゲージリングをお求めになるカップルはおよそ70%、カラットは0.3ct、お値段35万円。これが平均的です。クオリティはD、VVS1、Excellentカットの一粒ダイヤかと思います。

35万?そんなもん?貯金してるから大丈夫という方は別として、エンゲージリングはなるべく安く抑えたい方にありがたいお話がああります。

DカラーVVS Excellentが19万円からの一粒ダイヤモンドリング、破格の安さ!
平均35万円覚悟しなければいけないところ、20万円の予算で買えるDカラーVVS Excellentのソリティアプラチナリング。

最上級VVS1がVVS2になっただけ。VVS1とVVS2の違いは業界人でも見分けは不可能です。
VVS1がVVS2になっただけで15万円お安くできます。聡明なカップルさんには必見のリング!

一粒ダイヤリング0.3ct

DカラーExcellentカットVVS2のトップグレードソリティアダイヤリングが安い!

0.3カラットソリティアリング、Dカラー・VVS2・Excellent Pt900、鑑定書付き
※価格は2018年10月現在のものです。

普段使いのダイヤネックレスはクラリティ優先で

クラリティはあまり気にしなくていいですと上に書きました。これはエンゲージリングのダイヤモンドでの話ですよ。VVS、VS、SIの違いは極端な違いではないので無理にVVSでなくてもVSでいいということです。

あなたがお探しになっているダイヤモンドが普段使いならSIかI1かでお悩みになるかも知れません。
SIかIならカラットをすこし落としてもクラリティ(インクルージョンの有無)優先でSIがおすすめです。

0.3ctぐらいまではダイヤモンドの粒が4mm径と小さいのでダイヤの中のインクルージョンはあまり目立ちません。0.5ctあたりからはダイヤの径も大きくなってインクルージョンが見えるようになります。

上で書きましたように、インクルージョンはつまんでみればわかるという程度で、身に着けているご本人様以外にはわからないのですが、当の本人様が I1でカーボンが多いんだよねえ・・と思いながら着けていても楽しくないですよね。それに内包物が多い、白濁があるダイヤだと光の反射が遮られて輝きが鈍くなります。

だからI1かSIかで迷ったらクラリティ優先でSIクラス!

SIクラスは内包物が目立たないきれいなダイヤモンドです。

SIクラスとIクラスの違い、実際のダイヤモンドではこんな感じです

SIクラスはインクルージョンが見えないダイヤモンド!厳密な意味で内包物がないのではなく見えないほど微量なのです。ルーペを使えば見えるかも、という程度。SIクラスならお友達が、わあ、きれいなダイヤ!ちょっと見せて!と顔を近づけても平気!

 

ダイヤモンド I1クラス

普段使いにおすすめ!予定以上の大きなカラットも激安I1クラス

SI1とSI2のダイヤモンドネックレス

きれいに輝くSIクラスダイヤモンドのネックレス

Hカラー I1 クラウド(曇り)とカーボン(黒点)がわかります

Hカラー SI2 まずクラウドの白濁がなくクリアな透明感、カーボンも見えません。

SI2はきれいに輝きます!

0.5カラット一粒ダイヤモンドHカラーI 1 プラチナネックレスはおよそ6万円、7万円、HカラーSI2プラチナネックレスはおよそ11万円です。

お値段も違いますが、ダイヤモンドの輝きはSI2が倍以上! 手元に届いてケースを開けたら、SI2ってこんなにきれいなの!と驚かれます。SI2お買い上げのお客様からいただくレビューはきれい!がほとんどです。

I1は・・いろいろです。同じランクのI1でもインクルージョンの状態にばらつきがあるんです。ご注文のダイヤが届くと当然手に取ってみますよね、そうすると一粒ダイヤだから見えるんですよね内包物が。

SIクラスは手に取ってみても内包物は見えません。10倍拡大するならインクルージョンか見えるというのを感覚的にお分かりいただける画像を用意しました。例えば1カラットのダイヤモンドは径が6mmちょっとぐらいです。10倍拡大で6cm径にしました。

クラリティSI2ノインクルージョンSI2ダイヤモンドのインクルージョン

10倍拡大の画像にしています。SI2のインクルージョンはこのくらいだとお分かりいただけると思います。

SIにはカット基準を満たさないカットのFairや Poorがほとんどない

 
SIクラスのダイヤモンドはラウンドブリリアンカットのExcellentからVerygood, Goodのランクで、ブリリアントのカット基準を満たさないFairや Poorはまずありません。ダイヤモンドに入り込む光を全反射して輝くラウンドブリリアントカットの基準以上のExcellent、Verygood、Goodです。
 

Iクラスのダイヤモンドは徹底的に磨いてカットしても内包物が多いので全反射の輝きが期待できないことから、なるべくカラットを多く残すカットになります。また、まだ熟練工の域に達しない職人さんのいわば練習用カットになることもあるようです。そこでクラウンが低い、パビリオンが浅い、シンメトリーではないなどラウンドブリリアンカットに基準を満たさないカットに仕上がります。これがFair、Poorのランクです。

 

 
普段使いの選び方、なるべくきれいな一粒ダイヤでしたらSIクラスからお選びいただくのがおすすめです。

ダイヤモンドのカラーも、近い色は同じ色に見える

クラリティ、カットはグレードの違いはぱっと見あまりわからないと書いていますが、もうひとつ、カラーについても例えばDカラーとFカラー、FカラーとHカラーのダイヤモンドの色の違いはほとんど見分けできないほどの差です。

ダイヤモンドの4C、カラー

無色透明とされるD、E、F ほぼ無色透明とされG、H、I、J、かすかな黄色とされるN、そしてZまで続きますがそれぞれこの色とグレードによって段階的にはっきりした色ではなく、DからZまで無色から黄色までのグラデーションの色の変化です。

すぐ隣の色との違いはもちろん2ランク前後の色はよほどじっくり見ないと違いは判りません。

ダイヤモンドの4Cはミクロの世界

ダイヤモンドの4Cは見た目での測定ではありません。見た目ではダイヤモンドの大きさがわかるくらいで内包物やカットの精度はわかりません。鑑定機関で専門職の方が測定装置で計測した結果です。いわばミクロの世界。

お求めになるとき4Cによってダイヤモンドのグレードと相場と比べて高いか安いかの判断データになりますが4Cがわかる鑑定書があるから特別な付加価値が付くということもありません。

つまり、何が何でもDカラーVVS1、Excellent、でなくてもFカラーVS1、Verygoodのグレードでも輝き具合に大きな差はない、ということになります。でもこの二つではカラットがおおきくなるほどお値段が大きく変わります。

でも、お値段は大きく変わるけど輝きは大きくは変わらない、ここを覚えといてください。

激安だけど輝かないはずがないダイヤモンド

きれいに輝くSI2ダイヤモンドネックレス 

 

ダイヤモンドLISA、Yahoo!店
激安一粒ダイヤネックレスLISA、Yahoo!店激安デザインダイヤネックレスLISA激安ダイヤピアスLISA、Yahoo!店

激安ダイヤネックレスLISA、キャッシュレス還元

LISAのダイヤモンドブログ、関連記事のご案内です

ダイヤモンドの4C優先順位40代50代のダイヤモンド

タイトルとURLをコピーしました