婚約指輪平均出費の35万円を15万円にできるSI2!

ダイヤモンドの選び方

結婚するカップルのエンゲージリングの平均価格は35万円、カラットは0.3カラット、

グレードはDカラー、VVSまたはVSのエクセレントカット

エンゲージリングはいただきたいと思う女性55%
結婚するカップルのおよそ70%がエンゲージリングを買っている

ブライダル総合誌の婚約指輪に関するデータの一部です。これが現在の平均的な婚約指輪事情です。
前回記事で詳しくご覧いただけます

エンゲージリング、やっぱりちょうだいが55%!
婚約指輪、エンゲージリングの平均的なカラットとお値段はご存知ですか?結婚適齢期でお付き合い1年くらいだと男性も女性も結婚を意識するようになる頃ですね。そこで気になるのが婚約指輪。エンゲージリングは何カラットでいくらぐらいが平均なの?そもそも結婚するカップルはすべて婚約指輪を買うものなの?よくわからないエンゲージリングについてここを見ればわかるようまとめました。
ソリティアリングがVVS、EXでも10万円節約できます!
平均35万円のエンゲージリングを10万円節約しましょう!日本でのエンゲージリングの平均は0.3カラット、35万円、DカラーVVS、Excellentです。結婚は人生で最も大きなイベントになりますのでできれば人並にと思うと費用も大きいです。でもちょっと調べれば極端なダウンでなくて安く節約できるのです。このリングもその一例。ほぼトップグレードでも平均価格より10万円節約できる必見のエンゲージリング。婚約指輪なし、結婚式なし、披露宴なしではやはり後にちょっと悔やまれるかも知れません。

堅実な考え方で安心!

意外に堅実なお考えのカップルが多いのに安心感があります。というのも、現在の女性の感覚や意識を知るためにネットの相談サイトなどでダイヤモンドに関して頻繁にチェックするのですが、

「エンゲージリングに0.5CTのダイヤをもらった、恥ずかしいから自分で1カラットを買って友達と会うときは1カラットを着ける」「医師の彼からのエンゲージリングが80万円だった、彼のきもちを疑う」とかのスレッドが多いような気がしてました。

たいていは、読者からの投稿で袋叩きに合ってるようでしたが、中にはスレッドに同意する意見もあったり。エンゲージリング=婚約の印の指輪をカラットや金額で気に入らないとは何事ですか!と言いたいところです。

でも実際に平均的な婚約指輪は0.3ctで35万円。お給料の一ヶ月から1.5か月ぐらいでしょうか、堅実ですね。

でも本当はもっと安くできるんです。

かつてのトップブランド離れが進行中

同じく、どんなエンゲージリングを買うかについても相談コーナーのスレや宝石店のブログやなどに目を通していますが、かつて頻繁に名前が出ていた「何が何でもティファニー、カルチェのリング」が沈静化しているようです。高級宝飾店で買うのも減少。

かわりに増えているのがネット通販。しかも最高グレードオンリーからグレードのばらつきが出ているとか。

ティファニー、カルチェのブランド沈静化は熱狂的崇拝の時代が過ぎてあまりに誰もがティファニー、カルチェを持っているからなのでしょう、

それに小さいカラットでも高額。ダイヤモンドを買うというよりブランドを買うということでしょうがすぐに大きなカラットがほしくなるようですよ。

ちなみにティファニー、カルチェに代わる今熱狂的崇拝の的は「ハリー・ウィンストン」のようです。人気芸能人がテレビで幸せそうに大きなダイヤを見せれば「時代はハリー・ウィンストンなんだ!」って思っちゃいますよねえ。

でもね、不思議に思うのですが、婚約会見で見せる指輪はデザインなんかちっともわからない。インタビューに答えて2カラットで高級外車が買えるぐらいの価格ってことがわかるくらい。それでなんで「時代はハリー・ウィンストン!」なんでしょ?指輪買ったのが人気タレントだから?

ダイヤモンドのトップグレード離れも進行中

ダイヤモンド関係の会社や貿易・卸商の方のブログもダイヤモンド業界全体の動きがわかるので重要な情報源になっています。

それによるとかつて婚約指輪はDカラー、VVS1、エクセレントカットのすべてトップグレードと相場が決まっていたものが、最近はFカラー、VS2、Verygoodカットなどトップグレードでないダイヤモンドもエンゲージリングにお買い上げが増えているとか。

そりゃそうでしょ、店頭に来たカップルにはDカラー- ,VVS1、Excellentでなきゃダイヤモンドじゃないです!的なセールストークを積み上げますからね。できれば30万の予算で抑えたくても35万円になっちゃいます。

でも今はネットがあります。お店に出かける前にネットでいろんな情報は閲覧できます。そこで新しい発見をする、つまり、エンゲージリングはDカラー- ,VVS1、Excellentでなくていい、グレードの違いはあんまり判らないということ。

ダイヤモンドのグレードの違いはあまりわからない

ほら、お客様、VVSIはこんなに輝きます、こちらのVS1とこんなに違いますよ、と見せられて、あまり違わないよ、と思っても三度四度繰り返し、ファセットが、ガードルからベゼルの、キューレットの角度が・・なんて専門用語交えて、これだからVVS1が輝きが違うんです!と言われたらVVS1が輝いて見えるようになっちゃいます。

ダイヤモンド関連記事のあちこちに書いていますがグレードの違いは、実はあまりわかりません。

大雑把に言うとVVSとSI二つをつまんで見比べてみるとすこ~~し違う気がするという程度。1メートル離れたらもうわかりません。VVSとVSの違い、ExcellentカットとVeryGoodカットの差、私に判断はできません。

見た目ではっきりわかるのはIクラスダイヤモンドだけ

基本的にダイヤモンドの鑑定は肉眼ではありません。専用測定器と過去のデータとの比較ですからこれはVS、このカットはExcellentカットというのは測定機械による判断です。いくつかのダイヤモンドがあってつまんで見てわかるのはIクラスのダイヤモンドだけでしょう。

あ、このダイヤはなんか濁って見える、このダイヤは中にブツブツがある、でもほかのは透明できれい。
多分この結果になります。

ダイヤモンド取り扱い歴が長い、見慣れている方にはSIクラスもわかるかも知れません。でも数多くのダイヤモンドなど見ることのない方には見分けはできません。

0.3カラット35万円を15万円にできるSI2!

35万円の値札のダイヤリングを15万円で売りますという話ではありませんよ、エンゲージリングの平均的な出費35万円を15万円で済ますことができますってことです。

宝石屋さんで勧められる0.3ct、Dカラー-、VVS1、ExcellentをDカラー-,SI2、Excellentの0.3ctにします。クラリティVVS1をSI2にすると通販では価格は15万円で収まります。

普段使いにきれいに輝くダイヤがご希望でしたらSI2がおすすめですと、ダイヤネックレスでもおすすめしています。ユーザーさんのレビューではほぼ100%「大満足の輝き」です。

奥様になられる方がDカラー-、VVS1、Excellentでなきゃイヤ!と言われるならお勧めしません。この先の説明は無用になります。

Dカラー- ,SI2、Excellentでいい、あなたが精いっぱい頑張ってくれるリングだから、と言われる方には一度ご覧いただきたい必見のダイヤリングです。以下へお進みください。

そんなかわいい女性には0.3ctでなく0.5ctの大きいカラットにしてあげてください。

ダイヤモンドは目の前10㎝で見るものではありません。鑑定書をぶら下げて歩くものでもありません。周囲がわかるのはクオリティではなくダイヤモンドの大きさです。

Dカラー、 Excellent、 SI2の0.3ctは平均価格の半額

ご案内しているダイヤリングはD Excellent SI2、 H&Cのクオリティのダイヤモンドソリティアリングです。0.3ct、0.4ct、0.5ctをご用意できています。

0.3カラットは15万円以下、婚約指輪の平均価格0.3ct、35万円の半額以下。0.4カラットで17万円台、0.5カラットでおよそ25万円!

0.5ctでも25万円、予定より大きなカラットが買えます。リング本体はPt900(プラチナ900)鑑定書付きです。

上でご紹介した4点のソリティアダイヤリングとの違いはクラリティが「SI2」ということです。上の4ダイヤは「VVS2」でした。VVS2→VS1→VS2→SI1そしてSI2と、クラリティグレードが少しダウンします。

VVS2がSI2になるとどう違うのかはこの下のクラリティの説明の中で詳しく書いています。

Dカラー Excellent SI2のきれいに輝くダイヤモンドリング

これからご案内するダイヤリングはリングのセンターを高くしてダイヤモンドの爪が出すぎないカテドラルセッティング、今主流のデザインです。上から見るとリングのセンター部が少し細くなって優しくエレガントなイメージになっています。

 

ダイヤモンドに詳しい方は「D Excellent SI2 H%C」の文字でどれほどのダイヤモンドかはお分かりになると思います。
めてエンゲージリングをお求めになる方の解説になりますのでよくご存じの内容と重複しますが4Cについて必要な部分をご説明します。

ダイヤモンドのグレードを判断するのによく使われるダイヤモンドの4C.カラット、カラー、カット、クラリティ。この4Cの評価を見ればどんなダイヤか現物を見なくても判断できます。

カラットはダイヤモンドの重さ。大きさとは少し意味が違いますが、大きさといっても間違いではありません。

カラーはダイヤモンドの色。無色透明のDカラーが最上位のランクです。
カットはラウンドブリリアンカットの精度。Excellentが最上級ランクです
クラリティはダイヤモンドの外面の疵・内部の透明度のランク。VVSが最上位です。

ダイヤモンドの4Cで重要なのはカット。ダイヤモンドの価値は輝きです。この輝きに最も深く関係するのはカットの出来栄えです。カラーやクラリティが上位のグレードではカットはほぼ100%Excellentです。ダイヤモンドに差し込んでくる光を全反射して明るく輝くダイヤモンドするため熟練研磨工が仕上げます。

カラーがFカラー、Hカラー、クラリティがVS、SIでもカットがExcellentならきれいに輝くダイヤモンドと覚えてもらって間違いありません。

Dカラー Excellent SI2 ダイヤモンドのカラーは「D」

ダイヤモンドのカラーグレードはDから始まります。最上級のDカラー。「無色透明」です。
僅かな黄色から薄い黄色まで色合いによってランキングされます。ブライダルリングになるダイヤはHカラーから上です。

このダイヤモンドは最上級のDカラーです。

1.5カラットダイヤリングHカラー!1.5カラットダイヤリングHカラー!

Dカラー Excellent SI2 ダイヤモンドリングのクラリティは「SI2」

クラリティはダイヤモンドの内包物や疵の状態によるランキングです。通常はVVSからVS、SIがブライダルダイヤモンドとなり、ブライダルダイヤになれないダイヤモンドがIクラスです。
このダイヤモンドはブライダルダイヤモンドのSIクラスです。
1.5カラットダイヤリングが超激安!

1.5カラットダイヤリングHカラー!

最初にご紹介した4点のダイヤリングはDカラー、Excellentカット、クラリティはVVS2でした。
このダイヤモンドはDカラー、Excellentカット、SI2です。

VVS2からSI2になるとダイヤモンドの輝きはぜんぜん違うものなの?
実はカットがExcellentカットですから輝きはほぼ変わりません。

SI2は10倍拡大で見てインクルージョン(内包物)があるにはあるが肉眼で間見えないランクです。疵やインクルージョンが見えない透明できれいなダイヤモンド。すぐとなりのVSクラスと比較しても関係者でも肉眼でその違いはわかりにくいです。

通販で実物をご覧いただけないのが残念ですが、Dカラーでエクセレントの最上級のカラーとカット、ダイヤの光の反射・輝きを遮るインクルージョンがほとんどないSIですから実物はきれいに輝くダイヤモンドです。クラリティがVVSの高価なダイヤもクラリティSIはずいぶんお安くできます。

Dカラー Excellent SI2 カラーとカットは最上級

ダイヤモンドの輝きに影響する4Cで最も重要だといわれるのがカットの出来栄え。

58面体ブリリアンカットの規定通りか、左右対称かによるランク評価のトップです。文句のつけようがないカットの仕上げになっているのがExcellent。Fai はランドブリリアンかっとの要件を一部満たしていない、Poorは複数個所で要件を満たしていないカットです。どちらもブライダルダイヤになることはありません。

このダイヤモンドは最上級のExcellentカット。ダイヤモンドの差し込む光を全反射するカットの仕上がりです。
明るく輝くダイヤモンド、それはカットの精度によるものです。

おすすめ1.5カラットダイヤリング!

1.5カラットダイヤリングHカラー!

カラー評価で最高ランクのDカラー、カットで最高ランクのエクセレントとすべて最高グレードでクラリティSIだけ VVS VS に次いでの3番目です、でもご安心ください、カットが最高級のExcellentにH&Cがついています。

Dカラー Excellent SI2 そして「ハート&キューピッド」

H&C(ハートアンドキューピッド)は上質のカットが為されたダイヤモンドで特に光学的対称性に優れたダイヤモンドに現れる模様です。
DカラーエクセレントSI2ダイヤリング

クラウン(ダイヤモンドの上面)から見ると8つの「矢」とパビリオン(ダイヤの底)から見ると8つの「ハート」が見えます、

とはいっても、いつでもダイヤに浮かび上がるものではありません、ルース(裸石)のダイヤを特殊なスコープで見ると確認できますが、お届けするときは完成品でリングと爪が付いていますのでお客様が確認することはできません。

最近のダイヤモンドに3EX・トリプルエクセレントの表示が増えています。現在のダイヤモンドのクオリティ表示にトリプルエクセレントの項目があるわけではないのですが、Excellentの中でもポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)とシンメトリー(左右対称性)も最上級だということになっています。

いまのところあくまで非公式な表示で、Excellentの中のExcellentを意味するようですが 左右対称でなければH&Cも現れません。3EXの価値としてはH&Cと同列との意見もあります。H&Cの表示があればダイヤモンドのカットの最上級クオリティだとご理解ください。

Dカラー Excellent SI2 H&Cソリティアリング

格安でハイクオリティのDカラーエクセレントSI2 H&Cのダイヤリング
3ヶ月分はおろか、お給料の1.5か月分なんて必要ありません。お給料の半分ぐらい!

奥様になる方がSI2でいい、これだってきれいなダイヤだし、とわかる方なら(そんな方を奥様にする男性は幸せ者)無理なく無駄なくこのソリティアになさいませ。

ダイヤリングの価格を抑えてその分でハネムーンのオプションを加える、結婚記念日に二人のお気に入りのちょっと豪華なレストランで食事をするほうが楽しいですよね。

カラットは0.3カラット、0.4カラット、0.5カラットで揃えています。

  • Dカラー、SI2、エクセレントのエンゲージリング
    0.3ctアニバーサリーダイヤモンドリング、エンゲージリングにもおすすめのソリティア、Dカラー、SI2、エクセレントカットしかもハートアンドキューピッド。そして低価格。このグレードでこの価格は通販だからできる離れ技の特価です!
    0.3カラットDカラーエクセレントSI2 H&C 鑑定書付き
     価格
  • Dカラー、SI2、エクセレントのエンゲージリング
    0.4ctアニバーサリーダイヤモンドリング、エンゲージリングにもおすすめのソリティア、Dカラー、SI2、エクセレントカットしかもハートアンドキューピッド。驚きの低価格。このグレードでこの価格は通販だからできる離れ技の特価です!
    0.4カラットDカラーエクセレントSI2 H&C 鑑定書付き 
    価格
  • DカラーSI2激安一粒ダイヤモンドリング
    0.5ctアニバーサリーダイヤモンドリング、エンゲージリングにもおすすめのソリティア、Dカラー、SI2、エクセレントカットしかもハートアンドキューピッド。驚きの低価格。このグレードでこの価格は通販だからできる離れ技の特価です!
    お値段は、この通り激安なんです。
    0.5カラットDカラーエクセレントSI2 H&C 鑑定書付き 価格

ダイヤモンドのグレードは見た目でわかるもの?

エンゲージリングにおすすめのソリティアダイヤリングを2種ご案内しています。Dカラー、VVS2、Excellentの0.3ctとDカラー、SI2、Excellentの0.3,0.4,0.5ctです。

これからエンゲージリングをご用意される方が記事をお読みになって疑問に思われるのはDカラー、VVS2、ExcellentとDカラー、SI2、Excellentのダイヤモンドの見た目や輝きがどうちがうのか、ということでなないでしょうか。

もう少し間口を広げると、ダイヤモンドのグレードの違いって見てすぐわかる物なの?ということ。

結論を先に言いますと、Iクラスのダイヤとほかのダイヤは見比べなくてもわかる。ほかのダイヤ(VVS、VS、SI)は見た目でわからないというより「わかりづらい」です。

画像ですから余計にわかりづらいですか、例えば実際のダイヤモンドでもタグがなければ判別はかなり難しいです。

目の前50㎝ぐらいにつまんでみた場合は熟練鑑定士さんやダイヤ販売歴10年20年の方はだいたいわかるかも知れません。

一般の方には50㎝ぐらい近くで見比べると少しはわかるかもしれません。それでも、わかるというのはこっちが明るい、こっちがちょっときれいかな・・という程度です。

というのも、例えば0.5カラットのダイヤモンドネックレスをした方と歩道ですれ違ったとして、そのダイヤモンドのカット、クラリティ、カラーを言い当てることはできません。わかるのは、よく輝いてるな、粒が大きいな、ぐらいです。

ブライダル関連記事です。前回記事が詳しくご覧いただけます

エンゲージリング、やっぱりちょうだいが55%!
婚約指輪、エンゲージリングの平均的なカラットとお値段はご存知ですか?結婚適齢期でお付き合い1年くらいだと男性も女性も結婚を意識するようになる頃ですね。そこで気になるのが婚約指輪。エンゲージリングは何カラットでいくらぐらいが平均なの?そもそも結婚するカップルはすべて婚約指輪を買うものなの?よくわからないエンゲージリングについてここを見ればわかるようまとめました。
ソリティアリングがVVS、EXでも10万円節約できます!
平均35万円のエンゲージリングを10万円節約しましょう!日本でのエンゲージリングの平均は0.3カラット、35万円、DカラーVVS、Excellentです。結婚は人生で最も大きなイベントになりますのでできれば人並にと思うと費用も大きいです。でもちょっと調べれば極端なダウンでなくて安く節約できるのです。このリングもその一例。ほぼトップグレードでも平均価格より10万円節約できる必見のエンゲージリング。婚約指輪なし、結婚式なし、披露宴なしではやはり後にちょっと悔やまれるかも知れません。

 

ソリティアリング、下見はここからどうぞ

VVSエクセレントソリティアリング 0.3ctソリティアダイヤモンドリング1カラット立爪ダイヤリング 1.2カラット立爪ダイヤリング

ダイヤモンド関連記事

ダイヤモンド関連記事はジュエリー販売経験者が担当しています。

ダイヤモンドの4C優先順位奥様に贈るダイヤモンド、プレゼントSI2,ダイヤモンドのすすめ40代50代のダイヤモンド普段使いトリロジーダイヤモンド

タイトルとURLをコピーしました